2008年01月31日

博士の愛した進路(4), 打算でここまで来た訳じゃない

いつかの少年の夢は「博士」になることだった.
他の少年が, 野球選手やサッカー選手になりたかったみたいに.
それはお金の為ではなく,「好きなことをして有名になりたい」というモノだったかもしれない.

ひたすら「本」が好きだった. そして将来自分も「本」を書くことが目標になった.
本に読み疲れたら, 空の雲を眺め, 風を感じ, 落ちている石を拾い, 時間の不思議, 生命の神秘, 宇宙の謎, etc., 「ふしぎ」に思いを馳せる.

そうだ, 博士になろう!

..............光陰矢の如し.

世俗にまみれた今でも思う. 打算でここまで来た訳じゃない.
「学部や修士で就職すれば, 博士で就職するのに比べて生涯年収は...」
とかいう比較はピントがずれているとも思う.

いろいろわかってきたこともある.
博士だって学者だって, いつも「ふしぎ」を追求できる訳じゃない.
そして, 正当な評価もされたい.

理想が現実とうまく接続できる様に, 現実が理想とうまく接続できる様に.
僕は少しづつ動きはじめた.

いつかの少年!→科学のブログを読もう!
posted by ハカセ2号 at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の進学

2008年01月30日

博士を評価する企業(1) 初任給の額

人気企業の博士採用の記事で書いたが, (修士・大学生が選ぶ)人気企業で博士の採用をおこなっているところは多い. さすが大企業, 「それぐらいのキャパはあるよ」と言わんばかりである.

今日から, しばらく就職四季報2009年版を片手に博士の就職について有用な情報をリストアップしていこう.

企業が博士に対してどういう評価をしているか. 提示している初任給をみれば一目瞭然である. 新卒博士に対する初任給のベスト20を以下に示そう.

サントリー 319,500
東洋エンジニアリング 300,000
大日本インキ化学工業 295,510
新日本製鐵 293,000
三菱総合研究所 290,600
旭硝子 290,000
東レ 289,550
旭化成グループ 288,390
ニコン 287,000
三井化学 285,000
DOWAホールディングズ 282,500
三菱化学 282,370
NTTドコモ 282,130
NTTファシリティーズ 281,980
中外製薬 281,600
国際石油開発帝石ホールディングズ 279,460
大塚製薬 278,000
第一三共 278,000
アステラス製薬 278,000
塩野義製薬 278,000
杏林製薬 278,000


新卒博士の助教で28万程度もらえると思うと, 企業に行くのなら同程度かそれ以上欲しいのが人情(?)だろうか. 専門があえばサントリーをめざすべきだし, 博士進学前の人は就職も考えて分野を選ぶべきではと思う. 化学・製薬系は初任給がメーカー系に比べ, 総じて高い様だ. 就職四季報 2009年版には「博士採用あり」のマークがページ上下にあったりして新卒博士向けにも優しく嬉しい.
巻末の『業種別・博士課程修了予定者を採用する会社276社』は必見!

就職四季報 2009年版
『就職四季報 2009年版』(東洋経済新報社)



もっと科学を読む!→科学のブログを読もう!

posted by ハカセ2号 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の就職

博士の愛した進路(3)「夢は学者・博士」

例年, 第一生命が、全国の児童1000人を対象としたアンケート、 「 大人になったらなりたいもの」の集計結果を発表している. 1989年から2006年までのデータが下記のURLにpdfファイルで公開されている.
http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr07_05.pdf

「学者・博士」は, 最高位は2002年の1位(9.6%), 最近3年は野球選手, サッカー選手につづく3位をキープしている(5%程度).

男子にとって「学者・博士」になることは永遠の夢である.

ドラえもんなどのSF漫画, アニメや小説に夢中になる.
エジソン, ニュートン, キュリー夫人, 野口英世などの科学者の伝記に感激する.

僕も将来こんなふうになれたらいいなぁ!わーい(嬉しい顔)

忘れてはいけない原点はここにある.

そして僕は今日も夢を追い続ける.....。

もっと科学のブログを読む!→科学のブログを読もう!

posted by ハカセ2号 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の進学

2008年01月29日

博士の愛した進路(2)

再び平成18(2006)年3月に博士了の学年の大学卒業後の進路をみてみよう。平成19年には50%を超えた大学進学率も, 彼らが大学に進学した平成9年では35%である.
進学率
彼らが生まれた1978年の人口は160万人. その35%, すなわち56万人が平成9年に大学へ進学したということになる.
学校調査H13
そしてその4年後, 平成13年には, 54万6千人が大学を卒業している.
学校調査H15
さらに2年後, 平成15年には, 6万7千人が修士課程を修了している. そしてそのうちの1万6千人が平成18年に博士号を取得している. つまり,

160万人(同学年)→54万6千人(大卒)→6万7千人(修士了)→1万6千人(博士了)

という流れな訳だ。5万人ぐらいが修士で就職すると考えると, その中に1割以上博士が紛れ込んでも...という気はするが。実際のところ、どうなんだろうか。

ちなみに分野別の修士進学率は, 平成17年のデータだが, 資料によると, 人文5.6%, 社会3.5%, 理工農32.4%, 医歯5.2%, 薬学29%, 看護6.7%, 教育9.2%である.

理工農に関しては, 博士課程進学率を含めて博士の生き方に詳しいまとめがある.

posted by ハカセ2号 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の進学

2008年01月27日

博士の愛した進路, 同学年100人に1人の道

「博士」という学位をとるには, 基本的にストレートで,
*小学校(6年)
*中学校(3年)
*高校(3年)
*大学(4年),
*大学院修士課程(博士前期課程 2年)
*大学院博士課程(博士後期課程 3年)
という, 7歳で始まる義務教育から21年間の学業を終え,
28歳になる年に晴れて博士(**)となる.
[**は理学, 医学,工学, 文学, 学術など]

そんな勉強大好き(?)な人間は世の中でどのぐらい居るのだろうか。
たとえば, 2006年3月に博士を取得した人と同年齢の「1979年生まれの人口は約160万人」である.
それが, 「博士課程を修了した者は1万6千人である」ということで1%である.


つまり、小学校・中学校の同級生が100人集まれば, 博士になるのは1人の変わり者,という訳だ。
posted by ハカセ2号 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の進学

2008年01月23日

人気企業の博士採用

日経ナビ2008「人気企業ランキング・理系」
のうち上位50位中、博士採用に関して記述のある企業を以下に示します。

1. トヨタ自動車
【07年4月実績】博士修了/月給25万7000円

2. 松下電器産業
博士採用ページ

3. 日立製作所
日立返仁会

5. ソニー
ドクターコース(博士課程後期)修了見込みの方の採用は、通年で積極的に行っています。

6. キャノン

2008年4月〜2009年3月までに高専・大学卒業、大学院修士・博士課程修了見込みの方

7. シャープ

Q8. 博士課程に在籍しているのですが。
A8. 博士課程の方は、高度な専門性が要求されます。さらに、研究内容がシャープの事業・研究領域に合っているか、
その専門能力に対し、職場のニーズがあるかどうかということも大きく問われます。
そのため、エントリーシート通過後個別の対応をとらせていただいています。
まずは自由応募のスケジュールにしたがってエントリーシートをご送付ください。


9. 富士通
なお、博士卒についても、上記とは別に積極的に採用します。

10. NEC
Q4. 博士課程修了者の採用予定はありますか?
A4. 博士の方の採用も行っております。毎年多くの博士の方が入社し活躍しています。

14. 日産自動車
応募資格:大学院を修了見込の方(修士の方は修士の学位、博士の方については博士号取得見込)。

15. 旭化成グループl
博士 289,250円
18. 武田薬品工業
博士卒=278,000円

19. 野村総研
Q4. 博士課程(修士課程後期)修了見込みの学生を採用していますか?
A. 採用しています。大学院修士の方と同じ採用スケジュールで行っています。
キャリアエントリーシートについては修士版を利用してください。


40. 花王
博士了 月給261,000円 (2007年4月現在)

41. 味の素
博士了-275,340円

45. 東レ
博士了 274,800円

50. 富士フィルム
博士了:276,500円

50. マツダ
博士了 25万8,000円/月


posted by ハカセ2号 at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(3) | 博士の就職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。