2008年09月04日

博士のワザ(I)

とにかく博士として生きていくことを決めた場合、博士として生きていく術(スベ)
を身につけていかなくてはならない。

それは何か。

何のことはない、貴賎を問わず、すべての仕事に共通の「段取り」である。
研究テーマを決めて、それにアタックし、成果がでる出ないにせよ、その過程
を科学的に分析し、報告書を書く。与えられた時間毎に。

あれこれ考えていたらキリがない。

「頭を真っ白にして書く。頭を真っ白にして考える。」

とにかく、ウダウダして止まらないこと。

動いていれば何とかなる。

そんなフレーズを頭の片隅に今日も博士は行く!→科学のブログを読もう! にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


タグ:ワザ 博士
posted by ハカセ2号 at 08:58 | TrackBack(7) | 博士の就職

ポスドクの就職活動(I)

博士の就職活動は、前回まで見てきた様に、「新卒博士」であれば比較的容易にアプライすることができる。さて、片やアカデミックへポストの道へと舵を切ったポスドクたちはどうすれば良いのだろうか。

まずは基本として,

*独立行政法人科学技術振興機構 ジェイレック 研究者人材データベース

に登録して、マッチングメール機能を使うと良い。

民間企業の正社員をめざして、民間企業でポスドクをするのもよし。
より良い研究条件を求め、テニュアトラックへアプライするのもよし。
給与や福利厚生の良い民間企業の正社員へアプライするのもよし。
高専のポストに狙いをしぼるもよし。

アカデミックポストばかりが勝ち組じゃない。
いろんな価値観があるし、こればかりは運と巡り合わせ。
あまり真面目に考えすぎて、土つぼにはまらない様に。。。

恋愛と同じく、フラれても後を引きずらず、気を取り直して「次!」

そんな頑張る博士を応援!!→科学のブログを読もう! にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


posted by ハカセ2号 at 08:38 | TrackBack(0) | 博士の就職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。