2008年01月27日

博士の愛した進路, 同学年100人に1人の道

「博士」という学位をとるには, 基本的にストレートで,
*小学校(6年)
*中学校(3年)
*高校(3年)
*大学(4年),
*大学院修士課程(博士前期課程 2年)
*大学院博士課程(博士後期課程 3年)
という, 7歳で始まる義務教育から21年間の学業を終え,
28歳になる年に晴れて博士(**)となる.
[**は理学, 医学,工学, 文学, 学術など]

そんな勉強大好き(?)な人間は世の中でどのぐらい居るのだろうか。
たとえば, 2006年3月に博士を取得した人と同年齢の「1979年生まれの人口は約160万人」である.
それが, 「博士課程を修了した者は1万6千人である」ということで1%である.


つまり、小学校・中学校の同級生が100人集まれば, 博士になるのは1人の変わり者,という訳だ。
posted by ハカセ2号 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の進学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。