2008年02月11日

博士を評価する企業(4), 昇給率からみえてくるもの (I)

前回の博士を評価する企業(3), 修士の初任給との差では, 新卒博士の初任給が修士の初任給より3万円以上多い企業51社のランキングを示した. 今回は, 絶対的な金額ではなく, 「昇給率」というものを指標として考えてみる. 学部, 修士で入社した学生の昇給を基準として考えると, 博士の初任給は同程度にしているか, それ以上か?ということが企業の博士への評価を表しているのではないかとも考えられる.

まず, 一般的な昇給率について,
「入社後10年の昇給率産業別比較」([転職のノウハウ] All about )というデータがある. 30~34歳の平均給与で初任給の額を割って, その7~11年程度の昇給率を出している. 平均で60%程度であるが, これを仮に一番短い7年後の昇給率だとすると, 1.6^(1/7)=1.069で約7パーセント/年, 10年だとすると, 1.6^(1/10)=1.048で約5%/年となる.

一方, これを学部, 修士の初任給の差に対して考えてみる.
修士の初任給が22万円だとして学部から2万円増えている場合, (22/20)^(1/2)=1.049
ということで, 2年間の経験は,約5%の昇給率だということになる.

入社後, 勤続年数を経て, ベテランになってくる程, 昇給率が上がっていく, というのが自然な考え方であろうと思われる. さて, 今まで紹介してきた就職四季報2009年版に基づき, 博士を採用する企業について, 昇給率を(i)学部-修士, (ii)学部-博士, (iii)修士-博士, の3パターンについて1年辺りの, 初任給に対する昇給率を計算してみた. 面白いことに, 見事にケース(1) (i) < (ii) < (iii)となっている企業とケース(2) (i) > (ii) > (iii)となっている企業に分れた. 言うまでもなく, ケース(1)の方が博士を高く評価している, 好条件を提示していることは間違いない.

ケース(1):学部→修士→博士と初任給の昇給率が高くなる企業
サントリー
新日本製鐵
大日本インキ化学工業
東洋エンジニアリング
三菱総合研究所
富士電機グループ
NTTファシリティーズ
NTTドコモ
三井化学
建設技術研究所
DOWAホールディングズ
大成建設
松下電工
日本化薬
大日本印刷
国際石油開発帝石ホールディングズ
日立建機
ACCESS
富士フィルム

ケース(2):学部→修士→博士と初任給の昇給率が低くなる企業
セイコーエプソン
旭化成グループ
東レ
コニカミノルタホールディングス
デンソー
ジェイテクト
マツダ
帝人
島津製作所
ブラザー工業
シスメックス
三菱電機
大塚製薬
第一三共
アステラス製薬
塩野義製薬
杏林製薬


もちろん, これらだけではわからず, 実際に学部卒で入社した場合の昇給率と比較する必要はあるが, 初任給からだけで博士の評価度を判断すると, 上記のように見事に2分される訳である. 具体的な数値については次回以降でみていくことにする.


博士を評価する企業! わーい(嬉しい顔)!→科学のブログを読もう! にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
posted by ハカセ2号 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 博士の就職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。